構造レビュー委員会

構造レビュー委員会では、建築構造の専門家によるレビュー作成を行なっています。

耐震対策緊急促進事業に基づく「耐震診断・耐震改修の相談窓口」開設について

改正された「建築物の耐震改修の促進に関する法律(略称:耐震改修促進法)」の2013年11月25日施行に伴い、耐震診断・耐震改修の円滑な実施、促進に協力するため、建築物所有者等の耐震診断・耐震改修の実施に伴う相談に応じる相談窓口を、全国の支部等に開設しました。...(JSCAからのお知らせ

詳しくは、JSCAホームページをご覧ください。

ピアレビューの実施について

一般社団法人 日本建築構造技術者協会(JSCA)では、これまで所属会員への技術支援の一環として、会員が構造設計にたずさわった新築物件の構造レビューを実施しています。こうした要請は年々高まっており、北海道支部においても、会員や市民のみなさまのあらたなご要望にお応えすべく、未着工の新築物件にたいして「ピアレビュー」のご相談に対応することになりました。

ピアレビューとは
  • 設計された建物について、建築基準法(建築基準法施工例・告示)の規定に対する適合性を確認する。
  • さらに、規定の有無にかかわらず、建物の構造設計が工学的また設計技術的知見に基づき適切に処理されているか確認する。
  • これらの要件を総合的に判断し、良質の建物をつくるためのアドバイスを行なう。

申し込み・お問い合わせ

構造レビュー概要 をお読みのうえ、支部事務局まで お問い合わせフォーム よりご連絡ください。 追って担当者から詳細をお知らせいたします。お気軽にお問い合わせください。

構造レビュー概要

構造レビュー申込書

構造レビュー用語

許容応力度とは
住宅などの構造物では、耐用期間中に予想される様々な外力(地震や風圧、水圧、土圧など)に対して、構造物の各部材に応力(抵抗する力)が生じる。 そしてこの応力に対して、部材の断面には応力度が分布することになるが、この応力度が超えないように定められた構造計算上の限界点を「許容応力度」という。 耐震偽装問題を契機に行われた2006年(平成18年)6月の建築基準法の改正〔施行は2007年(平成19年)6月〕では、許容応力度計算に関する規定(荷重や外力によって生じる力や層間変形角、保有水平耐力の計算方法など)の見直しが行われた。

限界耐力とは
地震が発生した際に、住宅などの建築物がどこまで地震力に耐えられるかという指標を「限界耐力」という。

(以上 Weblio辞書 より転載)

お問い合わせフォームへ

TOP of PAGE

FEATURE

北海道支部通信のバックナンバーへ
▲北海道支部通信バックナンバー

[会員向] JSCA北海道の予定